EDの原因

EDの原因はいくつかに分けられます。主なものを見ていきましょう。

 

器質性ED

身体的機能の障害が原因で引き起こされるものを器質性EDと言います。器質性EDで最も多いのが動脈硬化によるものです。動脈硬化は加齢が原因の場合も多いですが、糖尿病・高血圧・高脂血症などの生活習慣病の人に起こりやすく、とくに糖尿病の方の割合が高いと言われています。その他に、脳出血、脳外傷、脳腫瘍、脊髄損傷、パーキンソン病などの神経系統の病気や、陰茎海面体の血管や神経を損傷するような外科的治療や泌尿器系の疾患が原因になる場合もあります。このタイプのEDは50代以降の方に多いです。

 

心因性ED

最近、増えているのが精神的なストレスが原因で起こるED。ストレスがあると、性的刺激がうまく陰茎に伝わりません。仕事や子作りのプレッシャーなど、日常のストレスが原因になることもあれば、性交渉の失敗のトラウマが原因になってしまうことも。心因性EDは、仕事が忙しく子作りを考える人も多い30~40代の方に多く見られますが、最近では20代の方からの相談も増えています。

 

混合型ED

器質性と心因性のどちらの要素も持ち合わせている場合を混合型EDと言います。さまざまな要素が混じりあっているので、原因を特定するのが難しい場合も。また、器質性EDの傾向があることで、それがストレスとなり、混合型になってしまうこともあります。混合型EDは50~60代で発症する人が多いです。

 

薬剤性ED

常用している薬の副作用が原因となるのが薬剤性EDです。中枢神経や末梢神経に作用する薬剤、循環器系に作用する薬剤、高血圧治療のための降圧剤、胃潰瘍治療薬などが、薬剤性EDを引き起こす可能性がある薬剤としてよく知られています。薬剤性EDは、年齢に関わらず発症する可能性があります。

 

EDの予防

器質性EDは生活習慣を見直すことが予防につながります。不規則な食事や車や電車通勤などによる運動不足、寝不足や過度の飲酒、喫煙などに心当たりのある方は、生活パターンを改善しましょう。あとはバランスの良い食事と適度な運動を心掛けるとよいでしょう。
心因性のEDの予防には、ストレスを取り除くことが1番。もしできない場合は、自分に合ったストレス解消法を見つけましょう。
薬剤性EDは、多くの場合、薬の服用を中止することで改善できます。薬剤性EDを引き起こす可能性がある薬剤を服用している場合は、主治医に相談することで予防や早期改善につながることもあるでしょう。

 

EDの治療

EDの治療で最も一般的なのは薬を用いた治療法。ほとんどのタイプのEDは薬で症状を改善することが可能です。
ED治療薬は血流を改善することで勃起力を高めたり、持続時間を長持ちさせるのに役立ちます。禁忌や副作用がある医薬品なので、専門の医師に処方してもらいましょう。
当院では、信頼度の高く確かな効果が期待できるED治療薬の先発品を複数取り揃えています。すべて厚生労働省に認可された正規国内用医薬品であり、ジェネリックではありません。ご安心ください。

 

➀ ED治療薬V(ファイザー株式会社)

世界で初めて製品化されたED治療薬。服用から30分~1時間くらいで効果が出始め、2~3時間くらい効果が続きます。食事の直後は効きにくいので、食事をしたら1時間以上あけて服用しましょう。
価格:2,000円/1錠(処方は5錠以上)

 

➁ ED治療薬L(バイエル薬品)

Bに比べて副作用が少なく食事の影響を受けにくいED治療薬。効果が出るのが15~30分と早く、3~4時間効果が持続します。満腹だと効果が落ちるので、食事をしたら30分以上あけて服用しましょう。
価格:2,000円/1錠(処方は5錠以上)

 

➂ ED治療薬先発品C(日本イーライリリー株式会社)

日本で最も新しく発売されたED治療薬。性行為の1時間前に服用する必要がありますが、効果の持続時間が36時間というのが大きな特徴です。1回服用すれば1日以上効果が持続するので、服用のタイミングを計るわずらわしさやプレッシャーなどから解放されます。
価格:2,000円/1錠(処方は5錠以上)

 

  ED治療薬V
(ファイザー株式会社)
ED治療薬L
(バイエル薬品)
ED治療薬C
(日本イーライリリー株式会社)
効果までの時間 30分 15分 60分
持続時間 2〜3時間 3〜4時間 36時間
食事との関係 食後1時間以降に服用 食後30分以降に服用 ほとんど影響ない
特徴 世界的に広く使用
心臓薬との併用禁忌あり
糖尿病、高血圧、うつ、前立腺手術後にも効果 糖尿病、高血圧、うつ、前立腺手術後にも効果
効果持続が長い
価格 2,000円/1錠(処方は5錠以上)

 

ED治療はデリケートな問題なので、躊躇してしまう方も多いと思います。しかし、早ければ早いほど、パートナーとも良好な関係を保つことができ、短期間で自信を取り戻せる可能性が高いです。治療薬はカウンセリングの当日に処方することができるので、ぜひご相談ください。

 

EDに関するよくある質問Q&Aはこちら

お問い合わせ・ご相談・ご予約 0120-107-286 いわき院専用フリーダイヤル 0120-107-455 受付時間 10:00~19:00(日祝~18:00) 無料相談お申し込み 無料カウンセリングお申し込み